バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グリップの考え方
2009年03月03日 (火) | 編集 |
グリップについての質問メールがありました。

握りかえをしたほうが良いのか・・・しないほうが良いのか・・・


以前、このブログでもグリップの話はしています。


そう、P(パーフェクト)グリップの話です。

私が昨年グリップを変える時に参考にしたグリップの一つです。


パーフェクトグリップは、握り替えをしないグリップですが、これをベースにして今では状況に応じて可変させるように勧めています。


ただ、このグリップでのショットを覚えるためには、その期間はこれ以外は使わないくらいの思いがないとおそらく中途半端な状態で終わってしまいます。


以前、守・破・離という話をしましたが、まずは守の部分である習得するまでは、余計なことは考えないほうがいいですね。


当然、グリップを変えると一時的に前より打てなくなりますが、1~2ヶ月くらいで慣れてきます。


すぐに・・・と思っている人にはあまりお勧めできません。

数ヵ月後には・・・と思っている人には大丈夫ですが・・・


このグリップにある打ち方は、非常に相性がいいです。

多少変化もつけましたが・・・



パーフェクトグリップについては、覚えるまではこだわりを持って練習し、その後はそれをベースに状況に応じて他のグリップも使いこなすという感じがいいのではないでしょうか。


グリップにこだわり、スイングにもこだわることで、今まで打てなかった打球感やショットを体験できるのは、まちがいないと思います。


それには、人にどんなに言われてもやってみようとする心が必要になってきますが・・・


わかる人にはわかるが・・・わからない人には、違うアドバイスをもらうこともあるでしょう。
(私の選手達もそうでした)

下手になった・・・といわれることもあるでしょう。


それに惑わされなければ・・・という意味です。


人の身体も、体質改善するときには、好転反応といって身体がだるくなることもあります。

その好転反応を、よくないととらえるか、よくなると信じるか・・・と同じですね^^



ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ
守・破・離
これは少林寺拳法の教えにもありますね。
文字で言うならば楷書→行書→草書といわれます。これは、少林寺拳法だけでなく、すべての技芸に通づると書されています。
勉強になります。ありがとうございます。

2009/03/03(Tue) 21:28 | URL  | 拳士 #-[ 編集]
しばらくの間
打てなくなるってのが、結構きついですよね。
私も高校生の頃ですが、
ソフトテニスのサーブの時のグリップを正八角形の筋2本ぐらいずらして直したことがあります。
しばらくは、やっぱりしばらくは全く打てなくなりましたね~。
それが自分にストレスにならなければいいんですよね。
この山を越えれば上達するって。
私も頑張ります♪
2009/03/04(Wed) 07:27 | URL  | スノー #Lc0kobHk[ 編集]
コメントありがとうございます。

拳士さん、守・破・離はあらゆることに通じることですね。

だから、あることを習得するには、まずは守を確実に・・・が大切ですね^^



スノーさん、この山を越えれば上達するって気持ちは大切ですね。

できていたことができなくなるのは、少なからずストレスにはなると思います。
そのストレスとも向きあいながら、変化・進化を楽しむことができるといいですね。

大きなストレスにならないようにすればいいのです^^


2009/03/04(Wed) 12:28 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。