バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の「すぽると」に出演したオグシオ
2008年07月16日 (水) | 編集 |
昨日、オグシオの特集がすぽるとでありました。

見ていない人は、いつか誰か録画している人が、HPかブログで公開してくれるのを待ちましょう。
(私は、録画するのを忘れていました・・・すみません)


内容は

先日の試合で負けた事・・・
去年の夏の思い・・・
小椋の怪我からの復帰・・・
そして、北京に向けての思いなど・・・

いろんな思いを短時間で伝えるのは、非常に難しいことですね。

皆さんはどのように思いましたか?


私の感じたことは、前回の負けに対しては、既に反省材料として、北京に向けての調整段階の中に組み込まれていたような気がします。
小椋選手の腰痛からの復帰戦であること、ローテーションのことなど、特に潮田選手の中には北京への調整課題は理解していると感じました。
小椋選手は故障に対してのいろんな思いがあったのでしょう。

昨日のすぽるとでも言っていましたが、オグシオへのメダルの期待度は高く、おかげでバドブーム?になってきているらしい。
【余談ですが、森口博子が芸能界バドミントン同好会を設立しているらしいですよ。コーチは陣内さんらしいです。】


でも、私が思うには、2人には日の丸の期待を楽にとってほしい。
応援してくれてる人が増えて、そのパワーと一緒にオグシオ持っているものを出す事ができれば、いいのではないかと思う。

去年2007年の4月、インターナショナルチャレンジカップでの敗戦
その夏に、世界選手権?で銅メダル・・・

だから、今回の北京も、いい感じで試合をしてくれればと思っています。

放映の中でのインタビューに「試合前や試合の期間にすること」という質問がありました。

試合前にすること・・・・それぞれ自分のメンタル面でのアップのことを話していました。

小椋選手は、気持ちを落ち着かせる為に音楽を聴いたりして集中力を安定させて
潮田選手は、普通にリラックスしながらベチャベチャ喋ってる(ストレッチをしながら)

それぞれ、自分のペースで緊張・リラックス・集中へとメンタルアップをしているのだと思います。


全日本のバレーを見ていても、メンタル面の変化によって勝敗の行方が、変わってきています。
技術面では、急に上手くなるわけでもなく、急に下手になるわけもないので、試合中や試合期間で大きく変わることは、メンタルな部分と思っています。
つまり、どのスポーツもどのレベルでも、勝敗にはメンタル面、つまり心に左右されるのです。

メダルを手に出来るかどうかは、メンタル面(心)の勝負だとも言われています。

オグシオのメンタルUPと技体の調整が成功し、二人にとって気持ちのいい北京になるよう願っています。

このブログでも心の課題は、たくさん出て来ると思います。
みんなで、一緒に成長していきましょう。


いつもランキングの協力ありがとうございます。
おかげさまで、各ランキング急上昇中です。
今日も、ご協力お願いします。

FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
ブログランキング
人気ブログランキング




ご協力ありがとうございました。






テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
はじめまして~
こんにちは~v-411
先日は当ブログに訪問&コメ、ありがとうございました。
もしかして初コメv-361v-314
オレトラさんも指導者として、獅子奮迅ですネ。
また、内緒v-319でもイイので活動地域教えて下さいネv-415
交流出来ればいいですネ~
ヨロシクですv-411
2008/07/16(Wed) 16:56 | URL  | jupiter #-[ 編集]
ジュピターさんありがとうございます^^

そうなんです^^
ジュピターさんが初コメです。
ありがとうございました。

しかも、初リンクもジュピターさんです。

また、活動地域はお伝えします。
是非、交流したいですね^^

こちらこそ宜しくお願いします。
2008/07/17(Thu) 14:51 | URL  | バトトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。