バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あきらめない心
2008年12月22日 (月) | 編集 |
昨夜、情熱大陸を見ました。


長野県の小学生達がジャズのコンクールで全国を目指している話でした。

ブロック大会での演奏は、みんながリズムに乗って、とても素晴らしい演奏でしたが、全国大会の切符は手に入れることができなかったのです。

個々の演奏レベルを上げ、みんなの力が組み合って、リズムを合わせて・・・

と、課題が多い中、あきらめることのない心が、子供たちを導いていました。



トランペットのソロの男の子に、先生が言っていました。


トップでいることは人並み以上の努力が必要なのよ。
できていたことができなくなったということは、努力が足りないということ。

もっともっと自主連をして努力していないと、どんどん下から追い抜かれて行くよ。


と、喝を入れていました。



そして、それぞれが自分の課題を自主連している姿・・・


子供たちの目は輝いていました。

なかなかうまくできない子に、必ず上手くなると励まし、みんなのモチベーションを保ちながらレベルアップしていきました。



そして、本番前に・・・先生がみんなを集めて、


緊張するのは当り前。その緊張を楽しめるようになろう。

リズムに乗って、音楽を楽しもう。


そして、ステージに・・・


結果的に子供達はとてもリズムに乗って楽しそうに奏でていました。



コンクールの結果としては、全国にはいけなかったのですが、とても素敵な演奏でした。



この番組で子供達を見ていて、バドミントンにも共通することを学びました。


一つの音やリズムを合わせるために、何度も何度も練習している姿・・・

一つのラリーをするために、一つのショットを練習する。


まるで試合のゲームそのものが曲で、ラリーが節で、ショットが音。



試合にも、曲にもリズムはある。


しかし、バドミントンでのゲームでは、ミスしても取り返すことができるが、演奏会やコンクールではミスは許されない。


その場を凌いでも、ひとりのミスがリズムを狂わす可能性は大きい。



ラリーが演奏であるならば、ミスが多過ぎたら聞けたものではないですね^^


一つの音やリズムを大切にする音楽と一本のショットを大切にするバドミントンとに、何かの共通点を感じました。



必ずできると信じ、子供の可能性を大切にしてあきらめずに妥協せずに子供達を導く姿に、敬意を称します。



何事にも、目標に向かっての熱意とあきらめない心が大切ですね^^




ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ。
楽しく拝見させていただいております。

まず、指導する側が「心・技・体・脳」の習得が必要なのですねぇ。勿論、モチベーションの保持も。

しかし、その姿は子供達に言わずとも伝わっていくのではないでしょうか。自然とね、時間はかかるでしょうけど。感性も必要でしょうけど。

王貞治前監督の言葉です。
「人生は基本を変えることなく、常に進化しなければならない」
中身がずっしりと感じる言葉です。

なんでもない、退屈と思われがちな、基本を疎かにしては、応用はないし進化なんてありえない。
なぜ、今、基本に戻らなければならないのか、以前も話しましたが、今より上に行くには「一度しゃがまないと、より高くジャンプできない」からなんですよね。より遠くへ飛ぶには「スタート地点を今より遠くにして助走距離を長く」しなければならないからですよね。

基本がいかに大事で、基本に戻れる勇気がある人は、心が強くなりますよね。
2008/12/23(Tue) 21:47 | URL  | あおば #-[ 編集]
あおばさん、明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

いつも、力強い言葉を頂き、感謝します。

そして王監督の言葉、ありがとうございます。

今年もたくさん訪問してコメントしてください^^

返信コメント遅くなってすみません。
2009/01/02(Fri) 20:48 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。