バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08・7月・・・1
2008年07月12日 (土) | 編集 |
先日の練習で、中学生のSがミスをしないように意識して基本練習をしたけど、試合練習でやはりミスが多いということで、泣いていました。

私は、意識はしているのがわかったので、あまり深くは思わなかったのですが、本人はミスが多い自分を責めていたのでしょう。

ミスが最大限減らす方法を、子供達も考え始めています。
いままで、わかっていても意識しなかったことを自分で悩み始めるのは、とてもいいことです。
技術的なこと、動作的なことでのアドバイスはしましたが、欠けているメンタルな部分で
私も今、たくさん悩んでいます。
今までは、簡単に表現していたことが、なにかが足りないと自分で思い始め、そうするとメンタルな部分での表現が曖昧になるので、今回は言いませんでした。

できるだけ、正確に伝えれるよう、なるべく早く、ベストな方向に導けるよう頑張ります。


テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。