バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本月間
2008年12月03日 (水) | 編集 |
基本月間・・・

どういう意味?って思う人もいるかもしれません。


この時期、小学生(全小出場者は除く)・中学生・高校生(選抜ブロック予選出場者は除く)は、大きな大会もない時期なので、基本を振り返る時期になります。


ミスの原因を自分で探ることも、フットワークのこともこの時期に習慣付けをして、進化する基本を身につける必要があります。


どのスポーツでも言えますが、現在の運動能力が低くてもそのスポーツに必要な運動能力を上げていくと即効性はないですが、徐々に変化が現れます。


基本的なことではランニングになります。

これはどのスポーツもしていることです。

その他には、やはり動作能力を上げるステップ練習があります。


ステップ練習は、講習会を受けた経験がある人は、アップとして何らかの練習を経験していると思います。

このステップ練習は、継続がとても必要になります。

特に、年齢が増えるほど必要になってくるのです。


初心者がバドミントンをするのに一番難しいのは、生活環境の中にある動きが基本項目の中で非常に少ないからなのです。

つまり、中学生や高校生で、小学生からしている選手が最近動きが鈍いなって思う原因の中には、ステップ練習の不足が見られるのです。


小学生の時期は、比較的ステップ練習はしますが、特に高校生はステップ練習より筋トレ系に時間を使い、ステップ練習がおろそかになっているケースが見られます。


これが不調の原因になっていることもあります。


各種トレーニングのバランスをしっかり取らなければ、成長の過程で後戻りが生じます。

つまり、この時期にステップ系・ジャンプ系・バランス系・ダッシュ系・耐久系の練習をバランス良く行うことが重要になります。


この練習は、コート(体育館)がなくても行えます。

耐久系を除けば、30分あれば充分で、耐久系を入れても40分すれば問題ないのです。

高校生は、これにパワー系を加え、1時間のメニューをこなせば、まったく問題ないと思っています。


しかし、その時間をフルに練習すればの話です。

以前、記事でも話しましたが、全力ですればかなりの効果が見られます。

全力でするためには、初めは20分位(高校生は30分)から初めて、徐々に増やしていけばいいと思います。


続けることが重要で、続けれる範囲でメニューを考え、たとえ10分でも毎日の継続が大切になります。


個々の能力??というより、個々のやる気によりますが、本気で強くなりたいと思うなら・・・


毎日のメニューを考えてみてはいかがですか?


最低限のメニューとして、雨が降ってもできるメニューをベースにして、そこから加えていくといいと思います。


続きはメルマガで・・・補足事項を伝えます。(本日PM10時の予定)




ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/03(Wed) 12:46 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。