バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミスの原因~2
2008年11月30日 (日) | 編集 |
皆さんが、練習しているとき、スマッシュやカットがネットに引っ掛かったとしたら何を考えますか?

クリアー・スマッシュ・カットがサイドアウトになるとしたら、どんな理由があると思いますか?

スマッシュが浮いてしまう原因は?


という質問を昨日・一昨日しましたね。
(読んでない人は下記事から読んでください)


スマッシュやカットがネットに引っ掛かかる理由について話していきますが・・・

まだ、考えていない人は、続きを読まずに考えてから読んだほうがご自身のためになります。



ほとんどの選手は、ネットに引っ掛かけるとき、打点とラケットヘッドそして手首の位置の関係に意識がありません。

もちろん、いつも意識して打っている人もいませんが・・・


スマッシュの連続での基礎打ちのとき、どのような動きをしていますか?


打ったら後ろにさがることを考えていませんか?


短いチャンス球をネットに引っかける人はシャトルの下(打点)まで動いていないのです。

つまり、打点が前過ぎになっていて、こんな時は、前に出ながら打っていればミスショットにならずにナイスショットになるのです。


では、カットの場合で、ネットに引っかけるときはどうでしょう?

打点は適正な位置として考えます。

このとき、ネットに引っ掛かる場合、ヒット時にラケットヘッドがかぶせ過ぎか面を切り過ぎか・・・ということが考えられます。

面のことはおいて考えます。

先ほどのスマッシュの場合でも、結果的にはラケットヘッドが適正な状態よりも前にきているからネットに引っ掛かっています。

カットでも同じ状況になっています。


ネットからの距離で角度は変わってきますが、その関係が、打点・ラケットヘッド・手首の位置に表れているわけです。


そこで、重要なのは自分の打点を理解しているかどうか・・・になります。

ここがわかっていないとミスはいつまでたっても減ることはないのです。


今一度、自分の打点を確認してみてください。

そして、ヒッティング時の手首の位置とどうなっているかも確認してみてください。




ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
ミスをした時に原因を考えることは、
自分も大切なことだと思います。

原因も考えずに練習をしても
意味がないし、時間のムダですからね。


2008/11/30(Sun) 21:16 | URL  | ひろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。