バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
集中力UPのきっかけ
2008年11月18日 (火) | 編集 |
バックサーブの練習が、集中力UPのきっかけになったという話でしたね。


私は、いままで子供達にはバックサーブを教えていなかったのです。

基本的にシングル中心の練習を多いこともあり、バックサーブはいつでも教えることができるからという理由と、ロングが打てないバックサーブは意味がないと思っていたので・・・

あまり、基本(アタックロブ・スマッシュロングレシーブのタイミング)ができていないのに教えると、余計に癖がつき、バックサーブの癖はなかなか直らないのです。


過去に小学生に教えたのは6年ダブルス(5年の後半)に教えましたが、やはりロングでの癖がついてしまいました。

つまり、バックサーブでショートとロング(ドライブ系)のフォームに違いがあるのです。

飛ばそうとすると、必ず振りが大きくなっていまうので本来のバックサーブの利点が半減するのです。


話がそれましたね。

なぜ、集中力がUPしたかというと・・・

ただ単に、子供達に教えていなかったので、彼女達は教えてほしかったからなのです。^^

教えてほしいという度合いが、非常に高かったのです。

それに加えて、微妙な力加減・面の向きなど集中しないといけないことが多くあるのです。

私が要求するバックサーブは、相手の目を見て打つこと(昨日はできませんが・・・)で、それには身体に染み込ませる必要があるからなのです。

子供達にも見本を見せましたが、10本中8本以上浮くことなしで、相手を見ながら打ち、ライン際に打つ。

言葉で言うのは見やすいですが、指導者になって実際にサーブ練習はしていなかったのですが、ヘアピン練習では必ずショートサーブからするので、それで身体が覚えていました。

身体で覚えたことは、なかなか忘れないもので、今でも大丈夫でした。

その代り、サーブを打つ前に相手を睨まないと、集中できないのです^^


彼女達は、フォームチェックされながら集中して1時間打ち続けました。

肩の力を抜き、いろんなことに意識をして集中力が高まってきたのです。

一人がきれいに入りだすと、他の子もだんだんうまくなり、いままでバックサーブを教えてきた中では、最短だったのではないかと。

あとは、これの繰り返しをするしかないので、合格ラインに達したらロングを教えようかと思います。

サーブの重要性を知っているプレイヤーは、不利な状態でのサーブを、いかに有利な方向に持っていくかを深く追求します。

ミスをしない繊細で攻撃性を持ったサーブ。


良いサーブで点が取れるほどいいことはないですからね^^

これがわかれば、もっとミスが減ってくれるのですが・・・



ただ、サーブ練習のあとは、いろいろ意識をしながら集中できたのか、アドバイスを即行動に移していたので驚きました。


サーブ練習での心の余韻が残っていたのでしょうね^^

でも、最後に5分ダブルスをさせてみると・・・

サーブはガチガチになってました^^

まあ、そんなもんですよね^^

そう簡単に・・・ってことです。



ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^


遅くなりましたが、先ほどメールマガジン配送しました。
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/18(Tue) 00:14 |   |  #[ 編集]
更新が楽しみです。
はじめまして
九州よりコメントさせていただきます。

進路で悩む中三のBado娘の親をやっております。
(私はBado未経験です。)

親の指導には限界が...と思っていましたが.......
最終的に進路を決めるこの時期になり これまでの御ブログとMailマガジンの内容が非常に役立っております。

根気強く 親としての言葉をかけ 将来への道へ導きたいと思います。


2008/11/18(Tue) 20:38 | URL  | PAPA #-[ 編集]
PAPA様、コメントありがとうございます。

メールにてお話しましたが、中3のBado娘さんの将来を期待します。

また、メールしてください^^

いつも訪問、そしてメルマガ登録ありがとうございます。
2008/11/19(Wed) 21:45 | URL  | バドトラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。