バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月~6月の思い
2008年07月09日 (水) | 編集 |
06年~07年と、思ってはいたが見過ごしてきたことを今年はチャレンジしよう
そう、決意した時でした。
しかし、具体的にどうしたらいいか??
心技体をバランスよくといっても、簡単ではない。
とにかく、子供達の安定度を高めて、ミスの少ない選手にするには・・・
と、いろいろ考えていました。
意識の持ち方や、考え方・・・いろいろ悩んだ時期でした。

大会があるたびに感じることは、ムラがありすぎること。
「昨日も今日もいい感じで、普段の力が発揮できている。」
と、思っていると次の試合で、2セット目に急に崩れる。
崩れたら、元にもどらない・・・
3セット目、戻り気味になるが、最後また崩れる。。


本人も自信は持っているが、どうも修正しきれない。
技体では問題がないと思うが・・・しかし・・・
心の何かが足りない。

全日本のバレーの試合を見ていても、心の部分は非常に大きい。

ここをどうのように変化させれば、どう導けばいいのか???

すでに半年が経過しようとしている。

でも、焦っては何も見つからない。
落ち着いて考えよう。。。

オリンピックの出場がかかった試合で、全日本バレーからたくさん教えてもらった。
他のスポーツからも得ることがある。

小学生も中学生も高校生も一般も世界レベルでも・・・
共通していること・・・

その方向性は???
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。