バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心の中のひとりごと・・・
2008年11月11日 (火) | 編集 |
たくさんのメールありがとうございます。

また、コメントもありがとうございます。


保護者の方々のご意見、そして同じ指導者としていろんな悩みをお聞きしてこのブログでの出会いに感謝します。


小学生・中学生・高校生で一生懸命に練習をしているが、なかなか勝てない。

いいショットを持っているけど勝てない。

そんな選手には、共通点があるのです。

おそらく、それは先生やコーチがアドバイスをしていると思います。



アドバイスの言葉をどれだけ頭に残せるか・・・

それを課題として、意識ある練習をしているか・・・

そこが、重要になります。



私が教えている選手は、その場では意識をします・・・が、2週間が限度です。

それは、普通です。

それをどのようにサポートするかがポイントで、選手は言葉の重さを知らないといけないのです。

二度と同じ状況での同じ言葉はないのですが、何度でも言ってもらえるという心の奥底にある安心感が、記憶の邪魔をするのです。




短期間で成長させるには、いわゆる「たたき込み」の指導をすれば、身体が覚えるのですが、

その方法は、その時は強いが、先でも強い保証はないのです。

もちろん、たたき込みの時期は必要ですが、それだけでは選手の感性が失われ、高校の時に伸びきらない可能性もでてきます。


私は、全国で戦うことのできる選手と、県レベル・ブロックレベルの選手を比較検証したことがあります。


もちろん、技術的なことではなく、心のことです。

このブログでもそのことを含めながらお話しています。


技術的なことは、練習で充分カバーできますが、内面的なことは、選手自らの意識改革が必要になります。

しかし、それはそんなに難しいことではないのです。



人は、誰しも弱いのです。

もちろん、私も・・・そしてあなたも・・・

だが、一人ではないのです。

自分を応援してくれる人、そして仲間、ライバル・・・そして好きな人、嫌いな人・・・

すべてが、自分を育ててくれるのです。

それにプラスして・・・環境があります。

恵まれている環境には、それなりのマイナス面があります。

恵まれていない環境にも、プラスな面があります。


それをどのようにとらえるかが、大きな違いになるかもしれません。


私は、いままで負けを糧にして生きてきました。

負けることは大切なのです。

ただ、どんな負けもあきらめはせずに、負ける瞬間には次の戦いを始めます。


恋の話でもそうです。

失恋をして同じ悲しい思いをするなら、自分を成長させるのです。

失恋を知らない人よりも、知っている人のほうが心は優しく強いのです。


自分を信じ、そして人を信じること、そして選択と判断が生きることにもバドミントンにも重要なのではないでしょうか。




ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。