バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他のコーチのアドバイス
2008年10月28日 (火) | 編集 |
昨日、「守・破・離」の話をしました。

その中で、守そして破の話を読んで気付かれた方もいたのではないでしょうか?


多くの指導者のアドバイスを聞くことは、とても重要だということに気付かれたでしょうか?


選手から見て、他の指導者のアドバイスを聞くことによって、違う意見を聞くことにもなりそれが悩み考えるきっかけにもなる可能性があるからです。

小6以上になると、自分で考え行動することの範囲がだんだん広がってきます。


指導者によって、いろいろな見方をし、アドバイスの方向性が違う場合もあります。

これを一度自分の中に吸収し、それを分解し、組み立てることによって大きく変化していくのです。



選手によっては、迷い悩むことがあるかもしれませんが、自分の基本を思い出し、そこから再び考えていけば、自分にとって必要なものは何かが見えてくると思います。



私は、選手が指導者を選ぶ気持ちを持っていることは必要だと思っています。

ちまたでの、移籍問題の話ではなく、その心は必要だという話です。
(移籍問題は、当事者でしかわからないことが多いので・・・)

また指導者は常に、選手から見て魅力を持っていなければならないと私は思っています。

それは、広さだけでなく深さの意味でもあります。


私自身は、いろいろな指導者の話を聞き、なるほどと思うことは、必ず吸収します。

選手が、この能力を身につけると非常に効果が高いと思っています。


迷わないためには、どうすればいいか・・・

そう、迷う選手は、まだ「守」の部分をもう一度見直す必要があるのです。

自分の信じていることを、グラつかせない心が大切になることも学べるでしょう。


話は、少しずれましたが、自分のコーチ以外の指導者のアドバイスを聞くことが重要だという意味は御理解していただけたでしょうか?




ランキング、応援クリックお願いします^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ

FC2 Blog Ranking

ブログランキング

人気ブログランキング

ご協力ありがとうございました


バドトラのオススメなアイテムに、バドミントン関連の物があります^^

テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。