バドミントンを愛し、プレイヤーから指導者になって10年・・・ コーチとしてジュニアプレイヤー達と共に喜びも悔しさも感じながら、バドミントンを通して一緒に成長し新化し続ける男のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導者の役割
2011年01月28日 (金) | 編集 |
指導者の役割は、言えば無限にあります。


私の考えなので、何言ってんだ?って思われる方もいらっしゃると思いますが、ご勘弁を願います。



バドミントンのコーチとして、ジュニア世代を育てていく以上、心技体脳に対してバランス良く育てたいと思っています。


バドミントンの基本技術と専門技術の育成と向上

バドミントンに必要なトータル的な運動能力の育成と向上

バドミントンの試合に勝つための戦術的な思考の育成と向上

バドミントンだけでなく、生きていく上で必要な心を育てるために、スピリッツとメンタルの育成と向上



そのために、バドミントンの技術に対して常に疑問を持ち進化を求め、その技術を使いこなせる運動能力を養う方法を学び、個々の能力に合わせた戦術を思考し、一期一会の心にてバドミントンの練習もラリーも試合もまた出会いも伝えていきたいと思っています。


バドミントンを教えている以上、もちろん試合には上達させたいし、勝たせたい。


上手くなることで、向上心を芽生えさせることができれば嬉しいことです。


自分の変化に気がつくことができたら、勝つ喜びと負ける悔しさを知り、努力して勝つことで達成感を感じさせ、努力して負けることで自分の未熟さを気づかせ、次なるステージでの頑張ることの大切さを知ってほしいと思っています。



結果よりも過程を大切にし、人の評価に振り回されることなく自分自身の厳しい評価を大切にして階段を一段一段上って欲しい。


結果は全てではなく、人生においてはほんの一時の過程である。

されど、その結果を求めて努力し成長することに意義はあるが、結果が出ることで喜びは数倍になり自信にもなる。

だから、勝たせてあげたいと思う。

見ていないところでたくさん努力している子にはほんとに勝たせてあげたい。


喜びと悔しさを感じることで、努力する原動力になり、成長します。

そして喜怒哀楽を感じることで、『生きる』ということ・・・の実感も一段と増してくるのです。



もう一つ、自分軸と他人軸のバランスをしっかりと持てる人になって欲しいと思っています。

*自分軸(自分のしたいことを思い生きること)
*他人軸(人の評価を気にしたり、自分のことよりも他人を中心に生きること)


喜怒哀楽を深く感じるための導きをして、そして皆の良い笑顔を見たいから努力しているのです^^



多くの人は、笑顔を見たいから頑張っているのではないでしょうか?

あなたは、誰の笑顔が一番見たいですか?

他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数227]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
スポンサーサイト
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
厳しさと優しさのバランス
2011年01月25日 (火) | 編集 |
人は怒られることよりも褒められる方が嬉しいのは確かですが、同じ褒められるなら本当に頑張った時のほうが嬉しいですね。


しかし、いつもいつも褒められることばかりではないですね。

良かれと思ってしたことも、人にとっては良くないこともあります。



また、間違ったことや自分や人に嘘をつくことも誰もが経験します。



その嘘や間違ったこと、そして失敗をすべて怒っていると、人は怒られないために嘘をつき、そして素直さが消えていきます。


怒られないために自主的?にするというのと、褒められたいから自主的にするというのでは、前向きさの種類が違いますね。


もちろん、褒められたいからするというのは、自発的な行動の初歩的なところでもありますが、その行動によって嬉しさを知り、前向きな発想も出てくるような気がします。


それは、子供だけでなく大人もそうなのではないでしょうか・・・?


怒られまいとして~をするよりも、自発的に言いたいことを発言し行動をして、失敗し怒られたらなぜ怒られたのかを知ろうとするほうが、次に生きるのではないでしょうか?


失敗はなるべく早い段階でたくさんしたほうが、良いと私は思っています。

ただ、同じ失敗を何度も繰り返すことは改めないといけませんが・・・


褒めること・厳しく言うことのバランスは非常に大切ではないでしょうか?


否定的な評価を受けて更に厳しく注意をされてばかりいては、やる気がだんだん失われてきます。

些細なことでも褒められることで、小さな達成感を感じてもう少し頑張ろうというやる気も出てくるのではないでしょうか?


良い部分・改めた方が良い部分を明確に伝え理解させ、考えさせることが大切ではないかと思います。


厳しさを与えるには、その人のやる気(意欲)に比例した厳しさでなければ試練にはならないのです。


小さな試練を乗り越えることで小さな達成感を感じて喜びを覚え、さらに進もうとするやる気が生まれ、もう少し大きな試練でも頑張ろうとすることができるのです。


その大きな試練に向かって乗り越えるのも、一人よりは二人のほうがいいのです。

特に小学生の場合、最もサポートできるのは親であり、そして仲間なのです。

中・高になると、やはり仲間ではないでしょうか?



試練の大きさは、人それぞれ段階によって感じ方が違います。

しかし、いずれにしても乗り越えたときに得る喜びは同じなのです。


段階が違う人に、同じことを要求しても温度差ばかり感じます。

そこの見きわめが大切なのです。

それをするのは、指導者の役割でもあるのです。


厳しければ良いのではなく、また優しければ良いのでもないのです。

バランスが大切なのです。



他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数224]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
心痛む思いで・・・
2011年01月21日 (金) | 編集 |
素直・感謝・謙虚・反省・奉仕の心が、大切なことはわかっていただけたでしょうか・・・


この心の基本は、人間関係を育てるにもとても大切で、当然、恋愛にも大切なのです。



ジュニア期に、心を育てるには経験値も時間も足りません。


しかし、バドミントンを通して人の深い愛を伝えることはできるのです。


愛なき指導は、人の心に響くことなく、その厳しさもただの威嚇としか感じられないのではないかと思っています。


ジュニア指導者だけでなく教職の立場でいらっしゃる指導者の方の中にも、生徒(選手)のために・・・ではなく、自分(自分の立場)のために厳しく怒っていらっしゃる方もいるようです。



コーチでも教師でもその前に、人として考えて欲しい。

相手を尊重し思う心がないのは、指導するに値しないことを・・・


将来出会うかどうかわからない理不尽な上司に対応するための耐える練習ではないのです。

自分の意見も言える人を育てて欲しい。

イエスマンを育てるのではなく、発想を豊かにできる人を育てて欲しいと思っています。


バドミントンで技体を専門で育てている方は、割り切って選手も接しているから問題ないでしょう。

しかし、心を通わせるのであれば、また信頼関係を築くには、まずは指導者の姿勢から変えるべきなのではないでしょうか・・・


我々が歩んできた道は過去のもので、時代と共に変化しているのです。

時代の変化に気がつかなければ、選手との信頼関係は築くことができないのです。



相手を知らずして、戦略は立てれません。

教え子の性格やプレイスタイルを知り、否定することなく理解しながら成長させる教育をして欲しいものです。


心や意識を豊かにして可能性を膨らますことのできる指導、そして仲間を大切にできる環境を心掛けたいものです。



他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数224]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
『生きる』ということ・・・
2011年01月18日 (火) | 編集 |
『生きる』ということは、いろいろなことを感じることではないでしょうか。


私がバドミントンを通して伝えたいことの奥底に、『生きる』ということがあるのです。

『生きる』ということは、当然、楽しいことだけではないです。



生きていくには、辛いこと・苦しいこと・哀しいこと・悔しいことがあり、そして嬉しいこと、楽しいことがあるから幸せを感じることができるのです。


ドキドキしたり、心がときめいたりすることが、心に刺激を与え、そして次に苦楽を感じるのです。


神は乗り越えられない試練を与えない・・・と何かのドラマでも言っていましたが、まったくその通りだと思っています。


辛くても苦しくても、耐え忍び向かっていくことで、喜びを得ることができるのです。


今できないことでも、いつかはできると信じて、考え工夫をしてあきらめることなく前に向かって進み続ける努力をすることが、明日の自分を造り、できるということ体感する道だと思っています。


何事にも共通する粘り強さは、あきらめない心が基本なのです。



なぜ失敗したのか・・・なぜ負けたのか・・・なぜできないのか・・・なぜ合格しなかったのか・・・


それは、試練に目を背けた時が一瞬でもあったからではないでしょうか。


だから、再度試練が回ってきたわけです。



辛いこと、苦しいことを逃げることなく耐えて自ら向かって努力していると、必ず乗り越えることができるのです。


自ら向かって努力するということの中に、考え工夫をし行動すること、そして忍耐・継続が重要になるのです。


その努力の積み重ねが大きければ大きいほど、得る喜びは大きいのです。


そして、その喜びによって感動することで、心を響かせるのです。


歌の世界でも、辛さや悲しみから人の心を響かせることがあるのは、人に辛さや悲しみの経験値があるからなのです。


辛いこと・悲しいこと・苦しいことを経験することで、生きることの深さを知り、より大きい幸せも感じることができるのです。



つまり・・・

喜びを感じ、怒りを感じ、悲しみを感じ、楽しさを感じることが、幸せになるにも必要なことなのです。


生きるを楽しむには、喜怒哀楽を素直に受け入れ、すべては自分のためだと思うことです。

そうすると、些細なことでも幸せを感じ、自分にとっての幸せが何かが見えてくるのです。


そして、生まれた日・・・つまり誕生日を祝うことには、生きてきた(育ってきた)ことを称賛し今までの幸せを感じて、未来への苦楽を共に乗り越える勇気とこれからの幸せを願うことにもなるのです。

ある意味で、生きてきたことを実感しお互いに感謝をし合うことができる日なのです。



苦楽、そしてを共にできる人がいることは、とても幸せであり感謝しなければならないのと同時に、生きていることと人の愛を実感できるのです。


言い方をかえると、感謝する心が乏しい人は、幸せをより多く感じることができないだけでなく、人の愛を受ける感性が乏しいことにもなる。



素直さがなければ、感謝の心は生まれない。

謙虚でなければ、素直に反省することもないので失敗を繰り返し、人のせいばかりするようになる。

素直でなければ、誰かのためにする奉仕の心がその誰かを助けそして自分をも助けることになることを知ることができない。



他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数224]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
心が感じるときに・・・
2011年01月16日 (日) | 編集 |
バドミントンでも他のことでも、人が好きになったことに夢中になるには理由があるのです。

これはスポーツでも趣味でも恋愛でも同じなのですが、心と脳に関係があります。


人は、五感で物を感じ取り情報を得ます。

見る・聞くは、第一歩なので非常に大切なのです。


見る聞くで興味を持ち、触れることで確認するのです。

興味を持ち、それが楽しいと思ったときに次のステップに行きたいと思うわけです。


それから感情が動くことで好きになれば、少しずつ夢中になっていくのです。



この、興味を持つ・好きになる・夢中になる・・・までのプロセスの中で、数々のドラマがあるわけです。


そのドラマの中で、感動するかしないか・・・・、つまり、心に響くかどうかが大切になるわけです。



心に響くということは、大小関係なく感動していることになり、つまり体感していることになるのです。


人が好きになるという感情を抱くときには、必ずきっかけがあり、心が感じているわけです。



一緒にしてはいけないかもしれませんが、恋愛で一人の異性に興味を持つときも、車を見て乗りたいと思うときも、服を見て着たいと思うときも、特定のスポーツをしてみたいと思うときも、ある感動を受けて欲が発生しているわけです。


そこには、縁と出会いと感情があり、心に響く何かがあるのです。


人が、生きることに必要なことは、喜怒哀楽を体感することではないでしょうか・・・。


そして、『生きる』は感じることで充実するのではないでしょうか・・・。


喜びを感じ、怒りを感じ、悲しみを感じ、楽しさを感じることが、生きていくことに大切だと思っています。


そして、それを共にできる人がいることは、とても幸せなことで、感謝しなければならないのではないでしょうか・・・




他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数224]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
全小が終わって・・・
2011年01月14日 (金) | 編集 |
今年の6年生は、男女ともなかなかの激戦でした。

勝ったり負けたり・・・勝負はその時々で、状況は変わりますね。

力が均衡しているので、今後の成長は楽しみですね^^


例えば、6年男子シングルス佐藤雄輝(宮城:あおばイーグルス)は、5年の全小で3位・ABC大会5位、6年全小ブロック予選3位で結果的に6年個人戦3位でした。


全国のレベルでもその時その時で、順位は変わります。

当然それはブロックレベルでも都道府県レベルでも同じなのです。



試合が終わって自分に何が足らないか?どういう状態で負けたのか?をどれだけ真剣に考え、今後の練習に生かしていくのかが最も大切なのですが、選手自身がどれだけ考えるか・・・いや考えようとし、考えることができるか・・・が、次のステップに進む扉であると思います。


負けて、コーチのアドバイスを聞いて、ノートに書いて・・・で終わりではないのです。


試合を思い出して自分で考えて、もう一度コーチと話せるようになると強くなるのです。


強い選手と試合で勝てない選手の違いは、考える能力にもあると思います。


強くなりきれない選手の共通点は、自分の試合、特に負けた試合をしっかりと覚えていないのと理解していない。

選手が言う言葉は、ミスが多かった・・・


自分からミスをしたのもあるでしょうが、ミスをさせられたのもあるわけです。

どういう形のラリー展開がされてきたのかが、まったくわかっていないのです。


自分の試合のビデオを撮ってもらっているのであれば、しっかりと見て何が悪いのかを自分で客観的に見ることも大切です。


自分が成長し進化したいのであれば、自分自身で考えることが必要で、それができなければ現状維持で終わってしまうのです。

今年はまだ始まったばかり・・・


自分で考える能力を身につけましょう。

小学生だけでなく、中学生も高校生も同じことが言えます!!

先生に言われたことだけすればいいと思ってると、年下に勝てない選手になりますよ。



他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数224]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
全小結果から気づくこと・・・4
2011年01月11日 (火) | 編集 |
女子の団体戦でも、男子と同様、準優勝の岡山と3位の香川にも同じことが言えます。


女子の成績は、以下の通りです

女子団体と個人成績
優勝:埼玉(6年単準優勝-川島美南、6年単3位-吾妻 咲弥、6年複5位-池澤みずほ・鈴木成美) 
準優勝:岡山 
3位:香川(5年単準優勝-平野紗妃)・新潟(6年複5位-目崎澪・栃本ゆき乃、5年単3位-永井瀬雰)
5位:千葉・奈良(6年復準優勝-川上めぐ・米田愛弥)・福井・広島(6年復優勝-小田菜摘・上杉夏美)


女子団体は、総合力で埼玉が負けなしの完全優勝を果たしました。


2位の岡山はABC3位の青山栞子(ブロックS2位)・若林真名(ブロックS1位)・香山未帆・金田明香里・野島心・武田莉奈で青山、若林のシングルスと香山・金田のダブルスを中心に勝ちあがってきました。

準々決勝では、金田明香里・香山未帆のダブルスが個人ダブルス準優勝の川上めぐ・米田愛弥(奈良)に勝つ、大健闘で準決勝では同じく5位の目崎澪・栃本ゆき乃(新潟)にも勝ち、チームを決勝へ導きました。

野島心と武田莉奈も2試合出場し、チーム一丸となって戦ったのではないでしょうか。


3位新潟は岡山に敗れたものの、3回戦の神奈川戦で小菅留実(ブロック3位)が二村ひとみ(ABC2位)に2-1で勝ちその後、広島戦ではまさかの6年復優勝の小田菜摘・上杉夏美を崩してのオーダーだったためダブルスそして小菅留実のシングルスで取り、結果2-1で準決勝に勝ちあがったのです。


そして香川は、喜岡奈美(ブロックS1位)漆原三姫・田中ちひろ(ブロックD1位)磯村紗那(ブロックD2位)山野 遙加(ブロックS4位)平野紗妃(5年単準優勝)でのチームで、6年生全員で戦って勝ちあがってきました。


今年の全小の団体・個人共、裏にはまだまだ多くのドラマがあったのではないかと思っています。



例えば・・・
男子の岡山の井上・樋口は団体で遠藤真彦・渡辺一平(南北海道)に負け、その遠藤・渡辺は準決勝で山形の大島千聖・鈴木遊に負け、そして個人戦では大島・鈴木に井上・樋口は勝って駒を進め3位になったわけです。
見えない糸が絡まった全小の団体と個人戦でした。


他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数224]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)



↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
全小結果から気づくこと・・・3(団体戦)
2011年01月08日 (土) | 編集 |
全小を振り返ってみて都道府県対抗と個人戦で、意外な結果がありました。

男子団体入賞県の選手が、個人戦で上位に入賞していないのです。


男子団体と個人成績
優勝:東京 準優勝:山形 3位:北北海道・南北海道
5位:熊本・愛知・福井(6年複5位-長谷川貴士・中野崇人)・岡山(6年単3位-山下恭平・6年複3位―井上健太・樋口知成)


男子団体3位の南北海道は、高尾直佑樹のシングルスと遠藤真彦・渡辺一平のダブルスがチームの中心となって戦ってきたようです。
この3人のブロック大会の戦歴は・・・
高尾 直佑樹⑥(札幌・札幌遊羽ジュニア) ブロックS2位
遠藤 真彦⑥(札幌・平澤羽球塾)ブロック大会S5位
渡辺 一平⑥(札幌・千歳北陽バドミントン少年)ブロックS4位

遠藤真彦・渡辺一平はシングルスで個人戦の出場はできなかったのですが、きっと2人でダブルスを頑張ったのではないでしょうか・・・

団体戦準々決勝では、今大会のダブルス個人戦3位にも勝ち、ベスト4入りを果たしたのです。


同じく3位の北北海道は小野寺 泰雅⑥(旭川・高台少年団) ブロックS1位、高橋 慶⑥(旭川・東光小少年団) ブロックS3位を主力で戦ってきました。

1Sの小野寺泰雅が2回戦で今大会のシングルス個人戦3位の佐藤雄輝(宮城:あおばイーグルス)に2-1で負けた時、高橋慶と共にもう一つの勝ち星を取ったのが、橋 大輝⑤(旭川・忠和クラブ)ブロックS1位 蝦夷森 駿④(旭川・忠和クラブ)ブロックS1位のダブルスでした。

準々決勝も2-1で勝ち進みベスト4入りを果たしたのです。


準優勝の山形は、ブロックD1位の大島千聖⑥・鈴木遊⑥(山口バドミントンスポーツ少年団) ブロックS2位の渋谷光希⑥(鶴岡ジュニアバドミントンクラブ)そして後藤駿斗⑥(いつきバドミントンスポーツ少年団)小野優真⑤(鶴岡ジュニアバドミントンクラブ)のメンバーで、最後まで大島千聖・鈴木遊のDと1S渋谷光希そして2S後藤駿斗のオーダーで勝ちに行ったようです。

5年生の小野優真君(ブロックD2位)は試合にこそ出れなかったが、とても良い経験になったのではないかと思います。

来年が楽しみです^^

山形にとっての山場は大阪との戦いで、D大島千聖・鈴木遊がファイナルの接戦で勝ち、1S渋谷光希は今大会シングルス優勝の山澤 直貴 (瓜破西SSC)とファイナルの末に敗れましたが、後藤駿斗が2Sで激戦の上に勝利を手にしています。
そのまま勢いに乗って、準優勝になりました。


優勝の東京は、大平洸輝⑥(サザンウィングス)柴田一樹⑥(小平ジュニア)小野寺雅之⑥(田無マックス)斉藤結一⑥(小平ジュニア)田代瑚⑥(調布ジュニア)山田尚輝⑤(小平ジュニア)ですが、山形と同じく初めから終わりまで変わらない柴田一樹(ブロックS3位)・斉藤結一(ブロックS4位)のダブルス、1SでABC3位の大平洸輝(ブロックS5位)、2Sの小野寺雅之(ブロックS1位)というベストオーダーでの戦いでした。

東京男子は、試合に出た4人の力量的にもバランスの良いチームで、優勝候補であり全国優勝に近いチームでした。

大平洸輝君にとって、ブロック大会にてベスト8で同じABC3位の渡邉 航貴(埼玉:出羽バドミンタンジュニアクラブ)と対戦し敗れ、個人での全国出場が叶わなかったが、団体で全国優勝できたことはほんとに嬉しかったのではないでしょうか・・・



団体戦は戦力だけでは計れないチームワークとしての力量とバランスが関係してくるので、今回の男子団体上位4チームは、みんなで勝ち取った勝利といえるでしょう。


他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数222]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
全小結果から気づくこと・・・2
2011年01月06日 (木) | 編集 |
今度は、ブロックごとに都道府県クラブごとでまとめてみました。


北海道ブロック  ベスト8入りー4(内ベスト4入りー1)  
旭川2 室蘭1 十勝1
(北北海道・旭川:忠和クラブ) 男子単 4年生以下優勝
(南北海道・室蘭:豊浦ファイターズ) 男子単 4年生以下5位
(北北海道・旭川:高台バドミントン少年団) 女子単6年生以下5位
(北北海道・十勝:芽室町バドミントン少年団)女子複5年生以下5位


東北ブロック  ベスト8入りー9(内ベスト4入りー4)   
青森3 宮城3 福島2 岩手1   
(青森:浪岡ジュニアバドミントンクラブ)男子単4年生以下準優勝・男子複5年生以下優勝
(福島:GPWジュニア)男子単5年生以下3位
(岩手:湯本バドミントンクラブ)男子単5年生以下5位
(宮城:あおばイーグルス)男子単6年生以下3位
(福島:白河シャトル)男子単6年生以下5位
(宮城:横倉ジュニア)男子複4年生 以下5位
(青森:七戸ジュニアバドミントンクラブ)女子単6年生以下5位
(宮城:塩竃ジュニア)女子複6年生以下5位


関東ブロック  ベスト8入りー21(内ベスト4入りー12)  
埼玉9 栃木4 東京4 群馬2 千葉1 茨城1
(埼玉:所沢ジュニアバドミントンクラブ) 男子単4年生以下3位・男子複5年生以下準優勝・女子単4年生以下5位
(千葉:市原ジュニア) 男子単 5年生以下優勝
(栃木:御幸スポーツ少年団 バドミントン部) 男子単5年生以下準優勝
(東京:小平ジュニア)男子単 5年生以下5位・男子複5年生以下5位
(埼玉:出羽バドミンタンジュニアクラブ) 男子単6年生以下5位
(埼玉:鳩ヶ谷ウイングス) 男子複4年生以下3位・女子単6年生以下準優勝・女子複4年生以下5位・女子複6年生以下5位
(東京:青梅ジュニア) 男子複 4年生 以下5位
(栃木:小山ジュニアバドミントンクラブ) 女子単4年生以下3位・女子複4年生以下3位
(栃木:足利ジュニアバドミントンクラブ) 女子単5年生以下優勝
(群馬:強戸ジュニア) 女子単5年生以下3位
(茨城:恋南) 女子単6年生以下優勝
(埼玉:チャレンジャークラブ) 女子単6年生以下3位
(東京:練馬ジュニア) 女子複5年生以下5位
(群馬:桐生川内ジュニア) 女子複5年生以下5位


北信越ブロック   ベスト8入りー13(内ベスト4入りー5)
新潟5 福井5 富山1 長野1 石川1
(福井:勝山南部ジュニア)男子複5年生以下5位・男子複6年生以下5位
(新潟:白根エンゼルス)男子複6年生以下5位・女子単4年生以下5位
(福井:金井学園) 男子単4年生以下5位
(富山:滑川ジュニアバドミントンクラブ) 男子単5年生以下5位
(長野:チームNABA) 男子複年生以下準優勝
(新潟:小野Jr バドミントンクラブ) 女子単5年生以下3位・女子複4年生以下優勝・女子複6年生以下5位
(福井:安永バドミントンスクール) 女子単6年生以下3位
(石川:OKジュニアバドミントンクラブ) 女子単6年生以下5位
(福井:勝山ジュニア)女子複5年生以下優勝


東海ブロック  ベスト8入りー2(内ベスト4入りー2) 
愛知1 三重1 
(愛知:北山・東山ファミリーバドミントンクラブ) 女子複5年生以下3位
(三重:小俣町スポーツ少年団)女子複6年生以下3位


近畿ブロック  ベスト8入りー12(内ベスト4入りー8) 
大阪6 奈良3 兵庫2 滋賀1
(大阪:南郷キューピット) 男子単 4年生以下5位
(大阪:瓜破西SSC) 男子単6年生以下優勝・男子複5年生以下5位・女子単5年生以下5位・女子複4年生以下準優勝
(兵庫:TOMOジュニア) 男子単 5年生以下3位
(滋賀:坂本倶楽部) 女子単4年生以下5位
(奈良:橿原ジュニアバドミントンクラブ) 男子複4年生以下3位・女子複6年生以下準優勝
(兵庫:ぐるぐるパンチジュニア) 男子複5年生以下3位
(奈良:White Rabbit BC) 女子単4年生以下優勝
(大阪:四條畷学園小学校) 女子複6年生以下3位


中国ブロック ベスト8入りー7(内ベスト4入りー3) 
岡山3 広島2 鳥取1 山口1
(岡山:PEACEジュニア) 男子単6年生以下3位・男子複6年生以下3位
(鳥取:米里ジュニアバドミントンクラブ) 男子複 6年生以下5位
(広島:フェニックス) 女子単5年生以下5位
(山口:柳井JBC) 女子単5年生以下5位
(岡山:レインボー☆119) 女子複4年生以下5位
(広島:広島安佐ジュニア) 女子複6年生以下優勝


四国ブロック ベスト8入りー9(内ベスト4入りー6) 
香川8 愛媛1
(香川:香川バドミントンスクール) 男子単6年生以下5位・男子複4年生以下5位・男子複6年生以下優勝・女子単4年生以下3位
(愛媛:ジュニアスクール松山) 男子複4年生以下5位
(香川:中央バドミントンスポーツ少年団) 男子複4年生以下優勝・男子複 6年生以下準優勝
(香川:飯野バドミントン スポーツ少年団) 女子単4年生以下準優勝・女子単5年生以下準優勝


九州ブロック ベスト8入りー19(内ベスト4入りー7) 
佐賀6 熊本5 福岡5 鹿児島1 沖縄1 大分1
(佐賀:川上ジュニア) 男子単 4年生以下3位・男子単6年生以下5位・女子複4年生以下5位・女子複6年生以下5位
(熊本:玉東ジュニア) 男子単4年生以下5位
(鹿児島:田崎バドミントンスポーツ少年団) 男子単6年生以下準優勝
(熊本:北部ジュニア) 男子単 5年生以下5位
(佐賀:多久スポーツピア) 男子複 5年生 以下3位・女子複4年生以下3位
(福岡:岡垣ジュニア) 男子複5年生以下5位・男子複 6年生以下3位・女子単6年生以下5位
(沖縄:糸満ジュニア) 男子複6年生以下5位
(熊本:八代ジュニア) 女子単4年生以下5位
(熊本:久多良木BC) 女子単5年生以下5位
(大分:上人ジュニア)女子複4年生以下5位 
(福岡:北九州スピリッツ) 女子複5年生以下準優勝
(熊本:久多良木BC)女子複5年生以下3位
(福岡:須恵ジュニア)女子複5年生以下5位


クラブごとにまとめてみると、ベスト8以上が4つあるのは・・・

埼玉:鳩ヶ谷ウイングス(男1女3)
大阪:瓜破西SSC(男2女2)
香川:香川バドミントンスクール(男3女1)
佐賀:川上ジュニア(男2女2)

そして、3つあるのは・・・

埼玉:所沢ジュニアバドミントンクラブ(男2女1)
新潟:小野Jr バドミントンクラブ(女3)

ほんとにすごいですね^^

続きはまた・・・

他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数223]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
全小結果から気づくこと・・・1
2011年01月04日 (火) | 編集 |
全小を振り返ってみて都道府県対抗と個人戦で、ある結果に気がつきました。

そして、現在の各ブロックのレベル、そして都道府県のレベルも気になって、結果をまとめてみました。


2010年の全小個人戦結果から入賞者3位内の数をブロックで比較してみたのが以下の通りです。


関東ブロック-12 近畿ブロック-8 九州ブロック-7 四国ブロック-6 北信越ブロック-5 東北ブロック-4中国ブロック-3 東海ブロック-2 北海道ブロック-1



これを5位以内で並び替えてみると以下のようになりました。


関東ブロック ベスト8入りー21(内ベスト4入りー12)
九州ブロック ベスト8入りー19(内ベスト4入りー7)
北信越ブロック ベスト8入りー13(内ベスト4入りー5)
近畿ブロック ベスト8入りー12(内ベスト4入りー8)
四国ブロック ベスト8入りー9(内ベスト4入りー6)
東北ブロック   ベスト8入りー9(内ベスト4入りー4)
中国ブロック ベスト8入りー7(内ベスト4入りー3)
北海道ブロック ベスト8入りー4(内ベスト4入りー1)
東海ブロック ベスト8入りー2(内ベスト4入りー2)


県別で5位以内を比較してみると・・・

埼玉9 香川8 大阪6 佐賀6 熊本5 福岡5 新潟5 福井5 
栃木4 東京4 青森3 宮城3 奈良3 岡山3 
北北海道・旭川2 福島2 群馬2 兵庫2 広島2
南北海道・室蘭1 北北海道・十勝1 岩手1 千葉1 茨城1 長野1 
富山1 石川1 愛知1 三重1 滋賀1 鳥取1 山口1 愛媛1 
鹿児島1 沖縄1 大分1 ・・・・となった。


まとめてみると・・・

北海道ブロック ベスト8入りー4(内ベスト4入りー1)  
旭川2 室蘭1 十勝1

東北ブロック   ベスト8入りー9(内ベスト4入りー4)  
青森3 宮城3 福島2 岩手1

関東ブロック ベスト8入りー21(内ベスト4入りー12) 
埼玉9 栃木4 東京4 群馬2 千葉1 茨城1

北信越ブロック ベスト8入りー13(内ベスト4入りー5)
新潟5 福井5 富山1 長野1 石川1

東海ブロック ベスト8入りー2(内ベスト4入りー2) 
愛知1 三重1

近畿ブロック ベスト8入りー12(内ベスト4入りー8) 
大阪6 奈良3 兵庫2 滋賀1

中国ブロック ベスト8入りー7(内ベスト4入りー3) 
岡山3 広島2 鳥取1 山口1

四国ブロック ベスト8入りー9(内ベスト4入りー6) 
香川8 愛媛1

九州ブロック ベスト8入りー19(内ベスト4入りー7) 
佐賀6 熊本5 福岡5 鹿児島1 沖縄1 大分1


こうしてみると今の埼玉と香川はすごいですね。

各都道府県のレベルが多少前とは変動しています。


佐賀と新潟の県レベルがずいぶん上がっていますね。



あることに気がつきました?


男子団体2位の山形は個人戦のベスト8入りは0でした。


ほんとにチーム一丸になって戦ったんでしょうね^^

続きはまた・・・


他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数223]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
テーマ:バドミントン
ジャンル:スポーツ
心を洗い、新たな心で・・・
2011年01月03日 (月) | 編集 |
独り言なので・・・気にしないでください。



このブログを初めて書いたとき、バドミントンに対する感謝を深く感じていました。


私の人生の中で、最も危機的な状況の真っ只中のことでした。

もちろんブログ上では、そのような雰囲気は出していませんが、人から見ると、こんな状況でもバドミントンをして・・・と思うくらいの状況だったのです。


私にとって、今も過去もバドミントンを愛し、そのバドミントンに支えられ教えられて、今の自分がいるのです。


特に、小学生のジュニアを立ち上げ教えることにしたときからは、いろいろなことを学びました。


もちろん、バドミントンだけでなく私が最も厳しい時期に心を支えてくれた人もいました。


ほんとに感謝しています。



人は一人では生きていけません。


だから、自分の周りの人に感謝しなければならないのです。


辛いときほど心に響き、人の愛を感じます。



その時期をゆっくりと乗り越え新たなステージに立った今、素直な心で自分自身を見つめ直して反省をしなければなりません。

そこから新たな課題が見つかるのです。


そして、驕る事無く謙虚な心を持ち、人のために・・・誰かのために・・・をテーマに奉仕の心を大切にすることが、自分を成長に導くことでもあると思っています。


私は、このブログで自分の心をコントロールしているのかも知れません。

元々(今も時たま・・・^^)熱いタイプで、気がつくと感情が心の前を猛ダッシュしていることがあります。



今年は、指導者としての心技体をさらに向上させ、愛深き人を育てれるように私も成長します^^



その時々の喜怒哀楽は、時と共に忘れていくものです。


そして新しい喜怒哀楽を体感し、その想いを表現していくのです。


ただ、言えるのは・・・喜怒哀楽を共に味わうことで深さが増して心に響いてくるものです。



仲間を大切にしましょう^^



他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数223]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


次回は昨年の全小についての記事にしますね^^


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
夢への近道
2011年01月02日 (日) | 編集 |
夢つながりではないのですが、さんまと玉緒の「あんたの夢をかなえたろか」という番組があって、昼前に見たわけです。


そこで、ソフトボールの上野選手が出ていて、 心が強くなるにはどうしたらいいですか?

という質問に対してのコメントを紹介します。


みんなのことに気がつける人になることが大切・・・

チームメイトを心から大切にする気持ち、大切な仲間を心から思う気持ち、仲間を信じる気持ち・・・

自分だけがよければいいという思いでなく、人を心から応援する気持ちを持つことが大切だと・・・

誰かのためにする・・・という気持ちや、誰かを心から応援する(自分のためだけでなく)気持ちが大切だと・・・


さすが、上野選手です。


今、指導者の勉強をされているそうですが、頑張ってください^^



心の基本を忘れたらいけませんね。

5つの心の中に上野選手がいったこともありますね^^


覚えてますか?

わからない人は、よ~~く考えて、それでもわからなければ、このブログ内をサーフィンしてください^^



人の気持ちがわからない人は、人を心から愛せることができません。

そして、バドミントンでも強くなることができません。

良い環境でたくさん練習しても、強くなれません。



何よりも大切なことですが、人としても成長できません。


心が成長できないことが、どれだけ寂しいことか・・・



でもほんとは・・・心が成長することが、何よりも夢への近道なのです^^


他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数223]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
夢を想い、現実に・・・
2011年01月02日 (日) | 編集 |
元旦はどのようにお過ごしでしたか?


所によっては雪で大変だったと思います。

被害がないことをお祈り致しています。



私はお雑煮を食べ、あんこ餠を含め、七個と巻き寿司を食べ、食べ過ぎの1日でした。

おなかがすかないまま、夕食になったので控え目に食べたつもりでしたが・・・

皆さんも食べ過ぎには気を付けましょう(*^^*)


朝は初日の出、夕方に人が減ってからの初詣でしたが、雨がぱらぱら・・・



私は餠も米も大好きなので、正月は後が大変です^^

とか言いながら、まったくセーブしていないのです。


今日も今からきっともちを5個雑煮で食べます。


雑煮はあっさり系なので、大きなおわんで3+2と2杯が定番です^^


この正月2日間で充電し、今年も頑張ります^^


昨日の初日の出は、部屋から撮ったのですが(今年は見れないと思っていたので・・・)、ちょうど日の出の場所にマンションがあって、それはそれでいい感じでした^^


さて、今年は、メインテーマを 『夢』

サブテーマで、 「夢を現実に・・・」 として頑張っていこうかと思っています。


夢を持つことは大切です。

そして、夢は思い続け努力し続ければ叶うものだと思っています。


こうなりたいあれがしたいと思うことが、目標へのエネルギーになります。


皆さんも夢を大切にしましょう^^


他のバドミントン関連情報はブログ村 バドミントンに行ってみると多数の情報を得られます。
(但し、ブログ村はランキングサイトなのでクリックするとカウントされます。 ブログ村には多くのバドミントン情報[ブログ数223]があることと、私自身がこのブログを始めるきっかけとなったサイトなので、ランキングサイトではありますが紹介させて頂いています。)


↓ランキング、応援クリックお願いします^^;

バドミントンランキング ブログ村

スポーツランキング FC2 Blog Ranking

スポーツランキング J RANK

スポーツランキング 人気ブログランキング


ご協力ありがとうございました
謹賀新年
2011年01月01日 (土) | 編集 |
あけましておめでとうございます^^







今年も宜しくお願いします^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。